いつの日か引越し
ホーム > 転職 > 適性検査を受けて

適性検査を受けて

就職の指針にする人は多いですが、決定的なガイドラインではありません。多くの人が、適性検査を受けることで就職先にどういう仕事を希望するか、方針を定める根拠にしているようです。適性検査を受けることで、今まで気づかなかった自分の特性がわかりますが、あくまで参考にするものです。適性検査でわかることは、その人の一側面です。適性に乏しいという結果が出た仕事でも、相性がいいことがあります。就職活動では、適性検査でわかったことを補助的な情報として扱い、複合的に考えることで、望む結果が得られるものです。思考停止気味に、適性検査の結果を1から10まで真に受けるようなスタンスでいると、就職活動がうまくいかないこともあります。自分の考えをサポートするものに適性検査の結果を使うことはありですが、身動きを取りづらくしてはいけません。就職試験で判断に迷うことがあったら適性検査の結果を少し思い出してみる、くらいの利用の仕方にしておいたほうが無難でしょう。今まで検討したことがなかった可能性が提示された、くらいのスタンスでいたほうが扱いやすい情報です。適性検査の結果だけで自分の可能性を考えていると、できることが少なくなって、就職活動に閉塞感が出てしまいかねません。自分の可能性を広く見積もらなければ、就職活動中では、いい話があっても手を出しそびれてしまうことがあります。適性検査を受けたことで、自分の中にあった気づかない可能性に気づくということはいいことですが、その逆のことも起こりえることは、考えておくといいでしょう。

サイト移転のお知らせ

http://yukyan.web.fc2.com/beauty/sikaku00307.html

『ユーキャンでエステティシャンの資格をとろう!』は下記サイトに移転いたしました。

https://www.yukyan.work/beauty/sikaku00307.html