いつの日か引越し
ホーム > 糖尿病 > インスリン注射を行っている場合は低血糖に注意

インスリン注射を行っている場合は低血糖に注意

器の大きさを小ぶりなものに変えて料理を盛り付けると少なめの量でもボリュームがあるように見えます。

 

逆に、大きめの器に盛りつけると、料理の量が少なく見えてしまうので気を付けてみましょう。肉や魚などを調理する際は、油を極力使わないようにして下さい。グリルを使ったり、茹でたり、電子レンジを使って蒸し料理にしてみるのが良いでしょう。

 

治療の手段の一つであるインスリン注射は膵臓が傷ついたことで、正常にインスリンが分泌されなくなったため、体外から補うことで基準値で安定した血糖値を維持するためのものです。

ですが血糖が改善されると、膵臓がインスリンを造りやすくなるため、注射する量や回数を減らせたり、内服薬のみの治療が視野に入ってくることもあります。脂肪がつきすぎて動きが重く感じている人は、体についてしまった脂肪を落とすように努力をしましょう。ゆったりとしたペースでのジョギングなどの有酸素運動で徐々に脂肪を落としてみましょう。

 

 

また、筋肉を付ける事で基礎代謝そのものが上がるので、より脂肪が燃焼しやすい体になります。

また過度に食事量を減らすダイエット(短期間で行うのは危険でしょう。

リバウンドしてしまったら、何にもなりませんよね)では体に大きな負担がかかり後になってから体に支障をきたすこともあるので気をつけましょう。喉の渇きという糖尿病の症状を減らすためには、糖分は過剰に摂取しないことと、食後にウォーキングや散歩などの軽い運動を行って摂取した糖分は早く体内から排出することで効果を得られます。

とは言うものの、血糖値を下げる薬の服用やインスリン注射をしている場合は、低血糖の誘因になることがあるので、医師との相談を済ませてから運動をはじめるようにして下さい。

 

 

 

食事などから摂取した脂肪は、脂肪酸に小腸で分解されてから、肝臓へとむかいます。しかし、脂質や糖分を摂りすぎ、肝臓に運ばれる脂肪酸が増えてしまうと、肝臓で脂肪酸によって創られる中性脂肪が肝臓に蓄積されます。

肝臓にふくまれている一般的な脂肪は5%弱ですが、その脂肪が5%より多い場合では脂肪肝になります。

血糖値が高ければ尿の量が増えて頻尿になることがあります。

そして通常は体内で留まるべき水分が尿としてどんどん出るので脱水状態となり喉が渇くようになります。

 

 

 

また、エネルギー源である糖が正常に活用されないことによっていっぱい食べても痩せてしまったり飢餓感が続いたり体のだるさや体重が減っていくようになります。重篤な合併症が糖尿病で発症すると、生命の危機もあるのですが、早い段階で発見をして血糖値を上手くコントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)できれば、日常生活が困難になるのを防ぐことも可能になります。

ですので、糖尿病予備軍ではと気になっている人は、日々の体調を糖尿病の症状と比べ合わせてみると、早い段階で発見できるので御勧めします。

糖尿病の食事療法において、1日3回の食事の量の配分がとても重要になってきます。1食にだけ集中して大量に食べてしまうと、血糖値が急上昇してしまいます。一般的な日本人の食生活は朝食は夕食に比べて軽いことが多いです。

 

気持ち早めに起きて、3食の中で朝食は一番しっかりと食べることは病気の予防に役たちます。血糖値を下げるサプリありました