いつの日か引越し
ホーム > 糖尿病 > 食物繊維は血糖値コントロールの心強い味方

食物繊維は血糖値コントロールの心強い味方

食事などで摂った油分は、小腸にて脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が異なります)酸に分解され、肝臓に運ばれます。

ところが、糖質や脂質を摂りすぎ、肝臓に送られる脂肪酸が増加してしまうと、脂肪酸によって肝臓で作られる中性脂肪がじわじわと肝臓で蓄積されていきます。健康な肝臓の場合でも4%前後の脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が異なります)を含んでいるのですが、脂肪が5%より多い場合は脂肪肝とされます。血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を調整するのに良いと言われているのは食物繊維です。食物の中にある糖は胃や腸の消化器官から吸収されて血液と一緒に流れていきます。食物繊維が糖に絡まり吸収時間を遅らせたり、便に伴い糖を体外へ排出するお手伝いするはたらきがあるため、血糖値の急上昇を防ぎます。糖尿病を食事でコントロールするには、1日の3食の食事配分がとても大事です。1食にだけ集中して大量に食べてしまうと、血糖値は急激に高くなってしまいます。通常、日本人の食生活は朝食は少量で夕食をしっかりととる事が多いです。

 

約三十分はやおきして、朝食は多めに食べるようにすることは病気の予防に役たちます。初期の糖尿病においては、自覚症状が少なく目立った症状は現れないのが特性です。

 

 

多くの人はストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)やシゴトによる疲労だと受け止めてしまい、まさか糖尿病が原因だとは考えません。それで糖尿病の発見が遅れてしまい、次第に合併症が進行し、状態が悪くなってから初めて気が付い立というケースも決して少なくありません。自覚症状はあまりみられず発見が遅くなることもあります。

 

 

 

だるい・疲れやすい等の症状が現れる場合もありますが、肝臓からきていると見抜くことは難しいでしょう。

心配な場合には内科のある医療機関で、人間ドックを申し込むことで血液検査があるので、判別は難しくありません。

 

 

 

医師が血液検査の値から診断してくれるでしょう。

糖尿病の根本的な原因は、体の必要以上に過剰な食事量を取り続け立ために体の処理能力に限界が現れ立と言う事です。

 

したがって糖尿病を克服するには、今までの悪しき食生活を改善し、正しい食習慣を身に付けなければいけません。

まんべんなく栄養を摂る食事は最低限必要ですが摂取カロリーをも必要です。若いころはよく動き、エネルギーの消費も高いため糖分、塩分が多めで脂っこいものを好んで食べてもカロリーを消費できます。ところが味の好みは何年たってもあまり変わらないので中年にさしかかっても同じ様に気にせずに食べ続けていると、肥満となり糖尿病も発症する恐れがあります。脂肪肝の恐ろしい点は、心筋梗塞であったり狭心症といった心臓病、脳梗塞といった血管系の疾患を引き起こす可能性もあるためです。

 

 

脂肪肝になるのは、運動不足やカロリーの過剰摂取です。

暴飲暴食などで中性脂肪やコレステロールが肝臓に溜まってしまいます。特に30代~40代の人で脂肪肝が増えており、2倍以上の増加がこの10年で確認されています。糖尿病にオリゴ糖がおすすめなのはなぜ?